分譲

連載

建築家・碓井民朗のマンションの常識・非常識(39)/密に検討、意思疎通図れ/小設計事務所は構造・設備設計が外注で良い設計が困難

 このところ、いくつかのマンションのモデルルームを拝見し、共通して感じたことをお話しいたします。\n 設計事務所の規模が小さい物件に顕著に表れていますのが、住戸プラン(意匠設計)と構造設計・設備設計との整合性が悪く、居住性が悪くなっていることです。本来、マンションの設計は、意匠設計者が構造・設備設計をコーディネートして、洋室の天井の中央近くに梁や、ダクトを囲っている梁型が無いようにするのが普通です ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日