その他

連載

コツコツ勝つことば あすへの応援歌(215)/0点と一点の差/一見すればごく小さいが、とてつもなく大きいものとなる

 9回裏、2死満塁の場面である。スコアは0対0で、敗色濃厚だ。最終回に最後の打者となったのが、ピンチヒッターに指名された控えの選手である。観客の目が全て彼に注がれる。投手の白球が唸る。打者の快音が轟く。三遊間を抜き、打球は転々と走っていく。3塁走者がホームインする。1本のヒットが勝利の女神を呼び込む。勝者と敗者、感動と悲嘆の悲喜こもごものドラマが、1安打1点の差をめぐって、熾烈に展開される。あるい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日