開発

その他

【3月期中間決算】11社(その2)

■創業以来の在庫ゼロ堅持/日本エスリード・連結\n\n 日本エスリードは、不動産販売事業が好調で、会社創設以来続けている完成在庫ゼロを実現。また、販管費率のダウン、営業外収益の増加、特別損失の減少により、大幅な増収増益となった。\n 通期は、売上高306億円、経常利益43億円、当期利益24億円を見込む。\n\n\n■下期偏重で減収減益/日本綜合地所・単体\n\n 日本綜合地所は、大型物件「レイディ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日