ハウス・住設

その他

ヤマダが高額戸建て受注強化、4倍規模の100億円事業に、専門チーム発足、青山にモデル棟、今後は大都市で展開

 ヤマダ・エスバイエルホームは1951年の創業時から高級注文住宅を得意としてきた。02年に高額受注専門の設計チーム「小堀の住まい設計工房」を設け、全国の支店が受注した高額案件の設計を行っている。1棟当たりの受注額は5000万円から5億円で、8000万円台が最も多い。  11年にヤマダ電機の資本が入り、13年に社名に「ヤマダ」が付いてからは、低価格で付加価値の高い商品を発売してきたが、景気に左右され ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日