団体, 不動産証券化

その他

ARES、情報の共有と開示が課題、ヘルスケアリート促進へ中間報告

 不動産証券化協会の実務者検討委員会は、リートを活用してヘルスケア施設の供給を促進するための中間報告をまとめた。中間報告は、リートが投資する際に必要な情報と、入居者が必要とする情報の大部分は重複しており、高齢者施設を運営するオペレーターの追加負担は重くないとしながらも、オペレーター側の心理的抵抗感やリート側が必要とする情報への認識不足、適時開示体制の整備を課題に上げた。  有料老人ホームとサービス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日