不動産流通・売買・仲介

その他

不動産競売、物件不足で価格上昇、東京地裁、6年ぶり高水準

 首都圏で不動産競売の落札価格が上昇している。三友システムアプレイザルが発表した2013年度上期の競売リポートによると、最低落札価格(買受可能価額)に対する落札価格は、東京地裁で2.1倍(前期は1.8倍)の高水準となった。倍率が2倍を超えるのは6年ぶり。  景気の回復で不動産市場は物件不足が深刻化している。特に東京ではこの傾向が強く、競売でも再販事業者などによる高値落札が増えたことが倍率上昇の背景 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日