不動産証券化

その他

私募ファンド底打つ、運用9.4兆円で1%の微減、不動産経済調べ

 不動産経済研究所は、13年10月時点の私募不動産ファンドの市場調査結果を発表した。  投資対象を国内不動産とする私募ファンドの投資済み運用資産総額は9兆4244億円で、前年比0.9%の微減にとどまり、同社は私募ファンド市場が底打ちしたとみている。ファンド数は384本(同5本増)だった。  日銀による金融緩和策で成長期待が高まり、リーマン後に離れた海外投資家が戻りつつある。国内でも金融機関や機関投 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日