行政

その他

借りたい人と貸したい人を橋渡し、自治体が「屋根貸しビジネス」をマッチング、登録制度やセミナー開催で支援

 12年7月に再生可能エネルギー固定価格買取制度が始まり、発電事業者が建物屋根を借りて太陽光発電を設置し、建物所有者が屋根賃料を得る「屋根貸しビジネス」。地球温暖化防止などにつながるため、首都圏の自治体を中心に、屋根を借りたい企業と貸したい施設などを仲介する「マッチング」を始めたが、今のところ成果はいまひとつだ。 ●東京都契約書モデル公開  東京都は12年10月に「屋根貸しビジネス」のマッチング ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日