その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(94)、2014年「今後の不動産投資」、金融緩和で資産インフレに、不動産投資に資金流入

 「発展段階説」という説がある。「未成熟な債務国」「成熟した債務国」「債務返済国」「未成熟な債権国」「成熟した債権国」「債権取崩国」。それぞれの詳細は紙面上割愛するが、日本は東日本大震災以前の所得収支は黒字であり「未成熟債権国」であったが、以降、貿易サービス収支は赤字に転落し「成熟債権国」へ移行した可能性が高く、将来、「債権取崩国」に陥る可能性は大である。  13年度は税収が43.1兆円に対して歳 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日