その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、ホンモノが持つ気品

 ひな人形は、平安貴族文化が最高に円熟した時の、一つの形として今日まで残っているものです。平安時代は紫式部が登場したり、和歌が発達したりと、日本文化史では欠くことのできない時代でもあります。その雛人形とブランデンブルグ協奏曲が、とてもよくマッチするとの説を読みました。説の主は渡部昇一先生です。  さっそくブランデンブルグ協奏曲をインターネットで購入してみました。聞くと確かに雛人形にピッタシなのです ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日