その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(75)、定期借家契約のススメ、仲介会社の拒否反応が足かせに

 定期借家制度が施行されて今年で14年になる。しかしまだ十分に普及しているとは言えない状況である。私は昨年、ある法律家のもとで定期借家契約について深く学んだが、この制度を知れば知るほど大家にとってはこの契約しかないと思うのである。定期借家制度にはさまざまな誤解がある。  まず普通借家契約は借主に有利な点で偏った契約であるということを理解していただきたい。これは借地借家法によって裏付けられている。例 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日