その他

連載

どうなるシェアハウス、~規制をめぐる現状と課題~、連載(5)、国交省「火災時の安全を優先」、“中小事業者いじめ”にならない方策を

 “脱法ハウス”報道をきっかけに、国交省は「寄宿舎」通知を出すとともに、是正指導を始めた。  東京都、大阪府など13都府県の特定行政庁による指導状況(昨年10月31日時点)は、調査対象1055物件のうち、調査済み575件、うち建築基準法違反があったものは489件と全体の8割超にのぼった(うち2件は是正済み)。うち7割超が東京都に集中している。  国交省住宅局建築指導課の小野田吉純・企画専門官は、「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日