その他

連載

2014年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、加州は”加熱”から安定成長へ、14年の米住宅市場を占う、懸念はローン審査の厳格化

 昨年の12月、各業界団体の恒例行事が師走の風物詩のように続いた。米国内景気の回復期待もあって、地元不動産協会の総会は例年になく参加者が多いように見受けられた。とりわけ“キャッシュ・バイヤー”の急増で住宅取引の主流を占めるようになった中国系エージェントらの姿が目立つようだ。景気回復とともに、住宅市場の活性化への期待も高まるなか、新年への意気込みが感じられる住宅市場と業界の最新動向を探るとともに、課 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日