開発

その他

三菱地所台湾で複合開発、30階建てオフィス・商業、台北の新駅上に15年完成

 三菱地所は、台湾で都市開発事業に参入した。台湾の有力企業グループ潤泰集団のデベロッパーである潤泰創新国際のプロジェクト子会社に出資を行い、台北市内でオフィスと商業施設、ホテルの複合開発を着工した。総延べ床面積は約19万7000平方メートル。14階建ての商業棟、駐車場棟と、30階建てのオフィス棟、ホテル棟の計4棟を15年に完成させる。  建設地は台北駅から東に10キロに位置する在来線・地下鉄のター ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日