開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理

その他

五輪開催で東京再生加速、湾岸地区の開発進む、新交通システム導入を計画、築地市場移転後の跡地活用も

 東京オリンピック・パラリンピック開催が決まり、今後6年間、東京の新たな再開発が進みそうだ。選手村や競技場が建設される晴海・有明・豊洲地区には、新たな交通システムの整備導入が計画されており、実現すれば湾岸地区の発展や都市機能向上につながる。一方、都心でも、人口流入や外国人受け入れに向けての整備が迫られる。 ■湾岸地区  晴海ふ頭に建設予定の選手村は、敷地面積約44ヘクタール、約1万7000人が宿 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日