開発, 分譲

特集

【2014年上半期 展望と課題】分譲住宅、先高感で回復基調強まる

 分譲住宅市場が回復している。不動産経済研究所の調べによると、2013年11月までに首都圏で発売された新築マンションは前年同期より28%多い約4万8230戸。年間の発売戸数は約5万6000戸に達し、12年を約1万戸上回って金融危機前07年の約6万1000戸に次ぐ水準に増える見通しだ。マンション市場は長く低迷していたが、13年に入ってようやく回復の兆しが見え始めた。分譲戸建ても需給とも堅調。戸建て志 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日