開発, 不動産証券化

特集

【2014年上半期 展望と課題】不動産証券化、物件取得額は過去最高、新規上場と公募増資で年2兆円

 Jリート市場の回復傾向が鮮明だ。一昨年から続く投資口価格の回復と各金融機関がJリート向けの融資に積極的な姿勢を取ることから資金調達環境が良好に推移。公募増資によって資金を調達して物件を取得する“外部成長”が活発化している。新規上場も相次ぎ、13年の1年間で6社が上場した。昨年の物件取得額(公表日ベース)は11月末までに2兆円を越えリーマンショック前の06年を上回り過去最高となった。「最大の不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月6日