開発

その他

五輪効果は19.4兆円、雇用121万人、森記念財団「終了後に備え規制改革を

 森記念財団都市戦略研究所(竹中平蔵所長)は、東京五輪・パラリンピックの開催で19兆4000億円の経済波及効果があり、延べ121万人の新たな雇用が生まれるとの試算を発表した。2014年からの7年間、国内総生産(GDP)を平均0.3%程度押し上げ続ける効果があるという。  12年のロンドン五輪開催に伴う宿泊施設、交通インフラ整備を参考にした。訪日外国人の増加や宿泊施設の建設投資、インフラ整備前倒しと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日