行政

その他

国土交通省、登記、取引情報を集約、新情報システム試作へ

 国土交通省は新しい不動産情報システムを2015年にも試験稼働する。登記情報やレインズの取引履歴、マンションの管理状況など不動産取引に必要な情報を一本化する。3月にまとまる検討会の報告を踏まえ、14年度からシステムの原型となるモデルづくりに着手する。  不動産取引に必要な情報は国や自治体、レインズ、民間企業などに分散している。外部からはアクセスしづらかったり、住宅の修繕履歴のように情報そのものが存 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日