その他

余滴

【余滴】昨年はアベノミクスによる景気回復期待や為替相場が円安に振れたことで、製造業を中心に利益改善が進んだ。

 今年の景気はどうなるのであろう。不動産業界の賀詞交歓会では、アベノミクスによる景気回復の本格化や国家戦略特区創設に伴う期待によって、分譲マンションなど住宅事業は好調に推移するだろうといった声が聞こえてきた。2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催に伴う波及効果もプラス要因だ◆一方で、不安材料も少なくない。まずは、消費税率の引き上げ。住宅取得では、ローン減税拡充やすまい給付金といった負担 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日