行政

その他

不動産鑑定基準を改正、ストック時代に対応、国土交通省

 国土交通省は不動産鑑定評価基準を改正する。不動産市場の国際化、ストックビジネスの普及、証券化対象不動産の多様化などに対応することが目的。  見直し内容は、依頼ニーズに応じた柔軟な鑑定手法「スコープ・オブ・ワーク」の導入、建物の増改築や修繕などを評価に適切に反映する「原価法の見直し」、既存建物の更新やリニューアルを前提とする評価プロセス「未竣工建物等鑑定評価」の導入など。  1月20日まで政府ホー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日