行政

その他

建設の人手不足、先行きも厳しさ、国交省調べ

 建設労働者の不足が深刻だ。国土交通省がこのほど発表した11月の建設労働需給調査によると、型枠工など8職種の過不足を示す不足率は前月に比べやや改善したものの、4カ月連続で2%台の高水準を示した。  不足率は値が大きいほど不足している状態を示す。11月の8職種の不足率は2.1%(前月比0.5%減)だった。前月からは改善したが、前年同月の1.3%に比べると不足感が強い。業種別では、鉄筋工が5.8%、型 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日