行政

その他

海外の不動産取引、丁寧な説明を、国交省が通知

 国土交通省は、宅地建物取引業者が海外の物件を日本国内で取引する場合、現地の法律を十分理解するよう努めること、消費者に対して丁寧な説明を行うことなどを各業界団体に要望した。  近年、日本国内での海外物件の取引が増えている一方、こうした取引は宅建業法の適用外となっているため。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日