住宅金融機構・都市機構

その他

団地を医療・福祉拠点に、UR、郊外100団地に導入、低賃料の高齢者賃貸2万戸整備

 都市再生機構(UR)は、今後の高齢化社会に対応するため、地域の医療福祉拠点となる機能を郊外の大規模団地に順次導入する。施設の整備と併せ、健康な高齢者を対象にした賃貸住宅を供給することで、健康状態に合わせて地域内で住みかえられる環境づくりを進める。  今後7年間で100団地程度に医療福祉施設を整備する。URが所有する1000戸規模の団地のうち半数にあたる。多様なニーズに対応するため、施設のほか在宅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日