連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(118)、旧耐震建物の建て替え目的の明け渡しが否定されたケース、賃料70カ月分の立退料でも正当事由なしと判断

【はじめに】  本件建物は、昭和56年に新築した東京都豊島区所在の9階建てビルの地下1階部分にある52.95平方メートルの店舗用区画であり、Yはここを平成6年3月に店舗として賃借した。賃料は1カ月30万5000円、共益費5万円、賃貸期間3年の普通賃貸借契約であった(新耐震基準は昭和56年に施行なので、本件建物はこれに間に合わなかった)。  Xは平成18年1月、このビルを購入し、賃貸人の地位も承継し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日