分譲

その他

東急不、エネファーム搭載356戸、国交省先導事業に選定

 東急不動産と東急コミュニティーなど東急グループが進める住宅の省エネプロジェクトが国交省の住宅・建築物省CO2先導事業に選ばれた。東急不動産はプロジェクト初弾としてマンション向けエネファームなど新しい省エネ手法を採用したマンション「ブランズシティ品川勝島(総戸数356戸)」を東京都品川区で4月に売り出す。  プロジェクト全体では、HEMSを活用したインセンティブの付与によって入居者の省エネ行動を促 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月13日