行政, 分譲, 不動産流通・売買・仲介, ハウス・住設

1面トップ

,好調な住宅・不動産市場にも落とし穴、人・モノ不足、消費税に懸念、事態打開へ各社知恵絞る

 円安・株高に加え、春に賃上げの意向を示す企業が増えるなど景気の本格回復ムードが鮮明になってきた。住宅取得意欲の高まりやインフレ期待を背景に住宅・不動産市場は年明け以降も好調をキープしている。一方で右肩上がりで上昇を続ける建築費や、4月に迫った消費増税など市況にブレーキをかける不安材料も市場には少なくない。芽生え始めた成長の兆しを軌道に乗せるため、各社は不安要素の払拭に取り組む。 ■建築費高騰、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日