賃貸管理

その他

掘り出し物件競売で発見

 事業者による仕入れ競争の過熱で収益物件不足が加速している。こうした局面では情報力に遅れを取る個人投資家は魅力ある物件を入手しづらい。そこで注目したいのが比較的フェアな環境でプロと“勝負”できる不動産競売の活用だ。ただ、一般的な不動産取引の延長上で競売に参入すると落とし穴に陥ることもある。 ■プロと同じ土俵で勝負  東日本不動産流通機構が毎月発表している首都圏の不動産リポートによると、12月は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日