行政

その他

建築基準制度で意見募集、適合性判定の合理化など、国交省

 国土交通省は、建築基準制度のあり方に関する意見募集を実施している。大規模な木造建築物を可能にすること、構造計算適合性判定制度(適判)や建築確認制度を合理化することなどがポイント。意見募集を経て、通常国会に建築基準法改正案の提出を目指す。  現行の建基法では、延床面積が3000m2を超す木造建築物については、主要構造部を耐火構造とすることが義務付けられている。実証実験の結果を踏まえ、防火壁など必要 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日