その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(976)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、2013年の競売市場分析(中)、マンションのシェア上昇し全体の7割10物件が売却基準価額の2倍を超える

 掲載の表は2012年、13年の競落結果対比である。表が示す通り、13年の対象物件数は前年(12年)に比べて約12・2%減少しているが、落札率は逆に前年比で約1・3ポイント上昇しており、競争の激しさが分かる。とくに対象物件数が少なくなっているにもかかわらず、入札10本以上の物件が、25%以上も増加していることも競争激化の現れと言えよう。  13年の特徴としては、対象物件のうちマンションの占める割合 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日