分譲

その他

新旧住民が交流、団地再生の144戸、大和ハウスなど計画

 大和ハウス工業とコスモスイニシア、オリックス不動産は、UR都市機構が官民連携のPPP手法を使って再生を進める東京都東久留米市のひばりが丘団地に建設する分譲マンション「ひばりが丘Re-Dream計画(仮称)」A街区棟144戸の概要を決めた。マンション内にとどまらず既存住民との交流を促す機能を導入する。  街区の中心にエリアマネジメントセンターを設け、センター内にカフェを設置したり、街区内に学習塾を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日