開発

その他

都内の中型ビルを投資家に売却、ラサール

 米ラサール・インベストメント・マネージメントは、運用するファンドを通じて保有していた秀和第二桜橋ビル(東京都中央区)を国内合同会社に売却した。地下鉄八丁堀駅徒歩1分の9階建てで貸室面積は約898坪(区分所有87%分)。89年築で、昨年3月に取得した時点では30%の空室があったが、5カ月間で満室稼働してコア投資家向けの物件に仕上げた。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月20日