開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介

1面トップ

脱資産デフレへ、外需誘導で実現、海外富裕層から熱視線、アベノミクスと東京五輪に期待感

 安倍政権の経済政策(アベノミクス)が始まってから1年が経過した。リーマン・ショック後の世界的な金融危機によって大きく落ち込んだ住宅・不動産業界を取り巻く事業環境は様変わりした。政府と日銀が歩調を合わせて取り組んでいる異次元の金融緩和によって増大した市中のお金が不動産市場に流入して資産デフレ脱却に期待が集まる。円安が進んだことでアジアを中心とする海外富裕層の投資活動も活発化しているが、人口減少が本 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日