不動産流通・売買・仲介

その他

青山一広代表理事に聞く不動産競売流通協会、築10年以内が約3割、無理な借り入れ響く景況感回復も債務超過、2014年競売は横ばい推移

 消費税率の引き上げや地価・建築費の高騰でマンションなど新築住宅市場を取り巻く環境が厳しくなっている。デフレ脱却の兆しも見え始めたが、多くの消費者にとっての所得水準はデフレ脱却からほど遠いのが実態だ。そうした中、不動産競売流通協会(FKR)の青山一広代表理事は、中古住宅市場と並び競売市場に消費者が注目していると指摘する。足元の競売市場の動向などを聞いた。  --景況感の改善で競売物件数に変化はあり ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日