賃貸管理

その他

アパート空室対策、改装や保証で入居者誘う、物件の潜在能力を引き出す

 景況感が改善しつつあるが、消費増税や年金不安といった将来の不安が拭えたわけではない。2015年には地価の高い都心部を中心に不動産相続税の課税対象者が増えるため、対策に追われる土地オーナーも増えた。老後の年金づくりと節税対策で注目されるのが賃貸物件だ。サラリーマンも注目する。ただ、本格的な人口減少期に突入したことで空室リスクは一段と高まっている。あぐらをかいて“不労収入”が得られる時代ではなくなっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日