賃貸管理

その他

東京カンテイ2013年分譲賃料、首都圏4年ぶり反転上昇、築浅増と景況回復が要因

 東京カンテイは、三大都市圏・主要都市別の2013年の年間分譲マンション賃料動向をまとめた。3大都市圏、主要都市ともに前年比で上昇を示した。同社は、新築・築浅物件の事例増加が主な要因と分析。全体的な賃料の底上げは見られず、今年は大きな変動要因がなければ、堅調に推移すると見ている。  首都圏の1平方メートル当たり賃料は前年比1.7%上昇の2536円となり、4年ぶりに反転上昇して2500円台を回復した ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日