行政, 開発, 分譲

その他

「区分所有解消、耐震条件なしに」、老朽化マンション対策会議が緊急アピール、建替え理由は「設備」が多数、社会的寿命への対応求める

 学識者とマンション再生の実務家らで構成する老朽化マンション対策会議(会長・椎名武雄日本IBM名誉相談役)は21日、衆議院議員会館でシンポジウムを開催。「耐震基準による区分のない区分所有関係解消制度」創設を求める緊急アピールを採択した。  現行の区分所有法、マンション建替え円滑化法は、決議(5分の4)による建て替え制度を設けているものの、区分所有関係を解消して敷地を売却するには全員合意が必要となっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日