団体

その他

全宅連、会員支援、資質向上に力、少子高齢化でビジョン策定

 全国宅地建物取引業協会連合会(伊藤博会長)は20日、新年賀詞交歓会を開いた。伊藤会長は、安倍政権の経済政策によって景気回復期待が高まる中、「消費者物価指数も徐々に値上がりし、デフレ脱却の兆しが見える。一方で、4月からの消費税率の引き上げで景気後退とならないか懸念もある」と述べ、その上で「業界が結集して訴えた住宅ローン減税の拡充や、中古住宅流通の活性化に向けた特例も認められた。買取再販の登録免許税 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日