その他

その他

住まいの支出6割が「負担に」

 東新住建(愛知県稲沢市、辻昭典社長)運営の住宅市場研究室は、愛知県に住む215件の住宅購入者・購入検討者を対象に日常生活で負担に感じるものの実態調査を行った。結果は「住宅ローンや家賃など住まいにかかわる支出」が約6割で最多だった。同研究所は、太陽光発電や最新の省エネ商品などをフル活用した家計負担の軽減を提案している。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日