不動産証券化

その他

証券化で資金調達、メガソーラー竣工

 建設コンサルタントの日本アジアグループが建設を進めていた証券化スキームによるメガソーラー発電所「宇佐ソーラーウェイ」(大分県)が完成した。グループのJAG国際エネジーが主体となり、国際ランド&ディベロップメントが施工管理を担当した。  杵築ソーラーウェイ(大分県)、サイカチ山ソーラーウェイ(栃木県)とともに、プロジェクトボンドを発行して総額約15億円を調達した。  同社では「今後も再生可能エネル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日