その他

連載

不動産金融のチカラ(93)、澤田 考士、14年は安定成長の転換点に

 13年においては、デフレ脱却に向けた日銀の異次元緩和の下で株式市場が好調に推移するなか、公募増資等によるJリートの資金調達が活発化し、Jリートの物件取得は大きく加速した。  Jリートの新規上場も継続的に実現し、銘柄の多様化が進展した。一方、私募不動産ファンド市場においては、私募リートへの人気が高まり、その組成が加速する新たな流れが見られた。さらに、2020年夏季オリンピックの東京開催決定を受け、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年1月27日