行政, 賃貸管理

その他

団地再生にサ高住導入、JKK東京東建販売ら多世代交流の拠点に

 JKK東京(東京都住宅供給公社)は、1957~58年度に管理開始した旧「烏山住宅」団地の建て替え事業の一環として、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を竣工した。東京都の医療・介護連携型サ高住モデルの第9号事業に選定された。総事業費は約21億5000万円。東京建物不動産販売とやさしい手、ポピンズの3社が運営事業者となる。  サ高住3棟とクリニックや保育所、コミュニティカフェなどが併設する地域交流 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日