賃貸管理

その他

最新リハビリで在宅復帰支援、サ高住入居者目線で差別化

 有料老人ホームやグループホームなど介護施設を運営する日本アメニティライフ協会(横浜市青葉区、江頭瑞穗社長)は、最新のリハビリ設備を導入して在宅復帰を目指すサ高住「リハビリふくや高津館」をオープンした。  江頭社長が、病気や怪我で入院した高齢者から、自宅で生活する前に「リハビリ期間を置きたい」「体力を戻してから戻りたい」との要望を聞き開発した初弾物件。長期入居ではなく、平均8カ月ほどの入居を予定し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日