不動産流通・売買・仲介

その他

資産運用で定借マンション、地価上昇も利回りの高さ魅力

 景気回復局面を受けて地価が上昇に転じる中、定期借地権付きの分譲マンションが資産運用から注目を集めている。都心部を中心に好立地マンションに手を出しにくくなっていることで、相場より3割ほど割安で購入できる定借マンションに関心を寄せる消費者が増えているからだ。一般区分よりも利回りが高くなる点に着眼した動きだ。  定借プランナーでAMSコンサルティング(東京・小平)の竹之内裕代表は、「定借マンションの購 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日