分譲

その他

近畿圏14年のマンション供給1割減の2.2万戸、市況感では8割が「売り時」

 近畿圏を中心にしたマンションデベロッパーや新築分譲に携わる広告会社らでつくる大阪不動産マーケティング協議会(大阪市中央区、辻山洋之代表幹事)は、近畿圏新築分譲マンション市況調査をまとめた。14年の供給戸数は前年実績を約1割下回る2万2500戸程度を予想していることがわかった。  そのうち14年度の用地取得はおおむね済んでいるものの、15年度は約3割の企業が進捗80%未満、16年度は約7割の企業が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日