行政

その他

分譲住宅2割減、建築費高騰響く、2月の住宅着工

 国土交通省が発表した2月の新設住宅着工は、分譲住宅が前年同月比20.9%減の1万8385戸と3カ月ぶり減少に転じた。建築費の高騰でマンションが同33.5%減の8674戸と大幅に減少したほか、戸建ても今年に入って減少に転じるなど着工に減速感が出ている。  分譲マンションは、東京都で同36.9%減、埼玉県で同46.3%減、大阪府も同54.9%減とボリュームの大きい大都市部で着工が落ち込んだ。100戸 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日