行政

その他

首都圏の「木密」、20年度に解消、国交省、首都地震で対策

 国土交通省は4月1日、首都直下地震対策計画を策定した。首都直下地震への備えとして特に取り組むべき11項目の重点対策をまとめた。都内の木造密集市街地(木密)を2020年度までに解消することなどを重点対策とした。  首都直下地震が発生した場合、都心部を中心に約18万棟の家屋が全壊すると想定。広範囲に存在する木密地域では大規模な火災が発生し、41万棟が焼失するとした。死者は最大2万3000人、被害額は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日