行政

その他

フラット金利9カ月ぶり上昇

 住宅金融機構が発表した4月のフラット35適用金利は、9カ月ぶりに上昇した。ローン金利の指標となる長期金利が上昇したため。  主力の「21年以上35年以下」が1.750%(前月比0.01ポイント上昇)となった。長期金利の上昇を受け、4月は主要メガバンクも10年固定型の住宅ローン金利を相次ぎ引き上げた。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日