その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(106)、登記と異なる実際の面積、分筆で大きく増加の可能性、相続時は登記時期で納税額に差

 「この土地の枝番は『1』。おそらく、登記簿の面積よりも広い。固定資産税が増える可能性もある」  土地を分筆をするときには、分筆後のそれぞれの土地の面積を記載して登記申請しなければならない。  しかし、2005年に不動産登記法等の法令が改正されるまでは、分筆により新たに地番が設定される土地だけを実測すればよく、分筆により残される土地(残地)は分筆前の土地面積から、新たな土地の実測面積を差し引き計算 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日