開発, 賃貸管理

その他

シルバーウッド、「スチールパネル工法」提案強化、低コスト・短納期高齢者住宅で多用

 鉄鋼部材の製造・販売、高齢者住宅の運営などを手がけるシルバーウッド(千葉県浦安市、下河原忠道社長)は、軽量鉄骨を使うことで建築費のコストを抑える「スチールパネル工法」の提案を強化している。  同工法は、同社が独自で開発した軽量鉄骨使用の2×4工法。主要鋼材に厚さ0.8ミリから2.2ミリのパネルを使うため、重量鉄骨造やRC造の建物と比較して重量が軽い。建物の総重量は重量鉄骨造の約3分の1、RC造の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日